株式や財産の分配には厳重注意|事業承継について理解しよう

レジ

売上管理を合理化する

POSは小売店等において商品などの販売情報を、売上が発生した都度記録するシステムです。会計を行う際に自動収録されるため、集計業務を効率化することができます。記録された情報は経営戦略を立てる際の基礎データとして使えます。

歯ブラシ

ホテルのお持ち帰りグッズ

お持ち帰りOKなアメニティグッズは、個包装されています。ただ消耗品を提供するのではなく、持ち帰ることのできるアメニティグッズに社名を入れることで、会社の宣伝になるでしょう。

経営者は必見の情報

男女

相続に関する記事

日本の企業の約8割が中小企業と言われています。中小企業の多くが親族同士で、次の経営者を決めています。こうした時によく問題として取り上げられるのが、事業承継と呼ばれる制度です。事業承継とは、現在の経営者が高齢化などで退任を考えた際に後継者に事業を継承するために行うことです。この事業承継をうまく行えず困っている方がたくさんいます。もし、親族同士で事業承継を行うとなると、まず初めに注意すべき点は、関係者についてしっかり理解しておくことです。関係者とは、親族や自社の社員はもちろんのこと、取引関係を結んでいる会社などがこれに該当します。また、経営者だけでなく役員なども交代する際は、関係者について理解しておく必要があります。次に、後継者を決めた際にその後継者の育成を行う必要があります。会社を運営する上での方針などをあらかじめ教えておく事で、その後の運営をスムーズに行う事が出来ます。また、社内での教育にとどまらず、セミナーや研修会など社外での教育も必要となります。あらかじめ、どのようなセミナーに参加するのかを決めておくと良いです。最後に注意するべき事は、株式や財産の分配についてです。後継者に自社の株式を集中して譲渡する方法や、相続人への配慮等様々な注意点があります。親族での事業承継だけでなく、従業員を次の経営者として承継したり他の会社からヘッドハンティングを行う場合にもこれらの注意点が当てはまります。株式や財産の分配には厳重注意が必要でしょう。

レストラン

黒字を継続させる

飲食店の経営においては、客数を維持するために、客側の条件を考慮した立地なども重要項目として参照される内容です。成功させるためには、飲食店経営としてのサポートをする専門業者の存在を活用し、開店以前から着実に手順を進めていく事も有効手段になります。