株式や財産の分配には厳重注意|事業承継について理解しよう

売上管理を合理化する

レジ

店舗ビジネスにおいて最も重要なのは、何と言っても売上管理です。いつ、どの商品がどれだけ売れたかを正確に管理することは、経営戦略を考える上で欠かすことのできない要素です。現在、その効率性によって高い評価を得ている売上管理システムが、POSです。POSはPoint Of Salesの略語で、日本語では「販売時点」という意味になります。つまりPOSは、商品等の売上が発生した場合、その時点で販売情報を記録していくシステムなのです。記憶や手書きの伝票などに頼って後でまとめて記録するよりも、正確かつ少ない労力でデータ管理を行うことができます。POSシステムは、POSレジとそれに接続された入力装置によって構成されています。POSレジはコンピュータ並みの情報処理能力を持つ高機能なレジで、商品の品目や単価などに関する基礎データをあらかじめ収録しておくことができます。一方の入力装置は、バーコード読み取り機がよく知られています。それ以外では、商品メニューが表示されたタッチパネルで操作するタイプもあります。売上が発生した場合、この入力装置を使ってPOSレジで会計手続きを行います。すると販売された日時や商品名、個数、売上金額などの情報が自動的に蓄積されます。日次あるいは月次の売上日報、商品ごとの売上高累計などもすべて自動計算してくれます。こうして得られたデータは、収支状況を見るだけにとどまらず、在庫の調整や資金繰りを考える際の資料としても使えます。また、販促キャンペーンなどを行う際の参考にすることができます。